IDT社、ET West 2012展に出展 業界をリードする革新的なミックスド・シグナル製品を展示

2012年5月28日
ミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供するthe Analog and Digital Company™のIDT®社(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は、6月14日~15日にインテックス大阪で開催されるEmbedded Technology West 2012(ET West 2012)に出展します。会場ブースにおいて、業界をリードするタイミング製品や革新的技術のワイヤレス・パワー製品など、IDTの豊富な製品ラインナップを展示いたします。

業界で最も広範囲な製品ポートフォリオを持つ、タイミング製品では、水晶発振器や発振子と置き換えできるシリコン・オシレータ「CrystalFree」のデモボードを展示、パッケージの比較もご覧いただけます。

また実際のFPGAボードに搭載されているIDTのMEMSオシレータ「4Mシリーズ」もデモ展示もいたします。200MHzのCrystalFree™ MEMSオシレータ(LVDS出力)を源振とし、FPGAボード上のDVI出力から高解像度のLCDモニターにカラーバーを表示するデモを展示します。

この他に評価用デモボードやVersaClockのデモなども展示予定です。

さらに3月に発表した、ワイヤレス・パワー製品IDT9030のデモも展示いたします。

IDT9030はワイヤレス・パワー・コンソーシアム(Wireless Power Consortium:WPC)のQi規格に準拠した世界初のワンチップ・ワイヤレス・パワー・トランスミッタICです。さらに相互運用性を拡張するため、マルチ・プロトコルに対応したマルチモードをサポートしています。今回はWPCのQiプロトコルに対応した、シングル・コイルのTx-A1とフリー・ポジショニングに対応したTx-A6を展示します。

新しいPCIe Gen3製品、64レーンのPCIe Gen3スイッチ「89H64H16G3」と、8レーンのPCIe Gen3リタイマ「89HT0816P」もデモでご紹介します。スイッチはOBFF、アトミック操作などを含む最新のスペック拡張を実装しています。リタイマは新しいPCIe 3.0自動リンク・イコライゼーション・プロシージャに対応するシグナル・コンディショナです。オンダイ・スコープによるWindowsのコンフィギュレーションGUIもご覧いただけます。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。
Embedded Technology WEST 2012 (ET West 2012)
日時:6月14日(木)~15日(金)10:00~17:00
会場:インテックス大阪
IDT社ブース番号:A-20

IDT社について
 
the Analog and Digital Company™のIDT 社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステム・レベルのソリューションを開発します。タイミング、シリアル・スイッチ、インタフェース、アナログやシステムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これを利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器の分野で、特定の用途に完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供します。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点を持っています。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market® 市場で取引されています。証券コードは「IDTI。IDTに関する詳しい情報はwww.IDT.comをご覧くださいFacebookLinkedInTwitterYouTubeでも調べられます。

IDTおよびIDTのロゴは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使われるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

《本プレスリリースに関するお問合せ先》
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイ・ビルディング1F
マーケティング・コミュニケーションズ
本田 真由美
TEL: 03-5740-3145 FAX: 03-5740-3103 
E-mail: mayumi.honda@idt.com