DDR5メモリはDDR4の2倍の帯域幅が規格化されています。前世代のDDRメモリと同様、ルネサスのデバイスは性能と信頼性において市場をリードし続けます。ルネサスは、パワーマネジメントIC(PMIC)、SPDハブ、レジスタクロックドライバなど、高性能なDDR5メモリ搭載RDIMMを開発するための製品ファミリが充実しています。この製品ファミリによって、次世代のサーバ用DIMMソリューションは、システム全体の消費電力を削減しながら、パフォーマンス、密度、信頼性を効率的に高めることができます。

DDR5メモリ向けRCD、パワーマネジメントIC、SPDハブ、TSデバイスは、RDIMM、LRDIMM、NVDIMM上で使用されています。これらは、弊社のメモリインターフェース製品ポートフォリオの一部です。弊社のエコシステムパートナーが、DDR5 DIMM 移行を推進し、クラス最高のパフォーマンスと電力効率を両立した製品を提供できる、完全なシステムソリューションを構築できることを意味します。これにより、サーバや大規模なデータセンターを設計するお客様は、メモリ密度に応じてシステムを最適化できる、効率的で拡張性のあるメモリ向け電源システムを活用できます。また発熱を均等に分散放出できますので、システム全体のコストを削減できます。

ルネサスは、すべての世代のDDRメモリに対して、業界をリードするメモリインターフェースチップセットを提供してきた長年の実績をもっています。最も要求の厳しいエンタープライズおよびデータセンターアプリケーションにおいて、信頼性の高いパフォーマンスを提供します。