DDR5メモリはDDR4の2倍の帯域幅が見込まれています。前世代のDDRメモリと同様に、IDTのデバイスは性能と信頼性において市場をリードし続けます。IDTのDDR5 PMICにより、次世代のサーバDIMMソリューションは、システム全体の消費電力を削減しながら、パフォーマンス、密度、信頼性を効率的に高めることができます。IDTのSPD Hubは、従来のシステム管理バスの障害を解消することで、システム管理バスのパフォーマンスを大幅に向上させます。

DDR5 RCD、PMIC、SPDハブ、TSデバイスはRDIMM、LRDIMM、NVDIMMで使用されています。これらは、IDTのメモリインターフェース製品ポートフォリオの一部であり、エコシステムパートナーがDDR5 DIMM移行を推進し、クラス最高のパフォーマンスと電力効率を備えた製品を提供できる、完全なシステムソリューションを構築します。これにより、サーバOEMおよびハイパースケールなデータセンターをご設計のお客様は、メモリ密度に応じて最適化できる、効率的でスケーラブルなメモリパワーシステムを活用できます。また熱放出を均等に分散できますので、システム全体のコストを削減できます。

ダウンロード: P8900 Short-Form Datasheet (PDF)

すべての世代のDDR対応チップセット導入を最適に行ってきた経験に基づく、メモリインターフェースチップセットの高度な知識と共に、IDTのデバイスは、お客様の環境において、信頼性の高いパフォーマンスを提供します。

DDR5情報のリクエスト